中古パッカー車・塵芥車販売 ・修理・塗装・車検
富田林市・河内長野市

再生中古トラック販売・レンタル:(有)フリーマーケット123

【 TRUCK123 再生特殊トラック販売・修理・塗装・板金】 TEL072-894-0020

  1. ●TRUCK123 トップページへ

    TRUCK123 【トラック123】YOUTUBE  

    トラック基礎知識の一覧(検索用)

    トラックワンツースリー在庫車両一覧
    @ トラック 

    平ボディ 販売情報検索 アルミブロック等
    バン 販売情報中古トラック車種別検索
    ウイング 販売情報検索
    クレーン 販売情報検索 UNIC・タダノ・新明和等
    ダンプ 販売情報検索 極東・新明和等
    冷凍車 販売情報検索 低温・中温・スタンバイ等
    Wキャブ 販売情報検索

    @ 特殊車両

    高所作業車 販売情報検索 アイチ・新明和等
    パッカー・塵芥車 販売情報検索 プレス・巻込み等
    穴掘建柱車検索 販売情報
    キャリアカー・車両運搬車 販売情報検索 フラトップ・スライド
    重機運搬車・積車 販売情報検索 ハイジャッキセルフ・スライド
    バキュームカー 販売情報検索
    ユンボ 販売情報検索 パワーショベル・バックホウ
    フォークリフト 販売情報検索
    アームロール 販売情報検索
    散水車 販売情報検索
    PG・パワーゲート 販売情報検索
    ミキサー 販売情報検索
    高圧洗浄 販売情報検索

    @ 軽バン

    軽バン 販売情報検索

    #交野なんでも商店街

    #TRUCK123交野本店の周辺写真

    #TRUCK123 PHOTO BOOK

    #プレスパッカーの投入部修理

    #バキュームカー塗装の流れと解説

  2. ●中古トラックには様々な種類がありますので、お探しのトラックがすぐにない時があります。求車をご依頼下さい! 当社から販売を希望されるお客様は、希望される車種、積載量、寸法などお伝え下さい。

  3. ●遠方・近隣よりご購入いただくお客様は、車のみ、予備検付き、車検付とお選び頂けます。

    再生トラックを1日からレンタル致します、ご相談ください!!
    1日レンタルトラック
    取扱車種は高所作業車・クレーン・ダンプ等


  4. ●車両の引取りは、お客様のご来店による引取り、当社による陸送とお選び頂けます。 ご来店引取りの場合、仮ナンバーを当社にて用意する事が出来ます。 また、予備検査付きにすると帰りにナンバーを付ける事が可能です。

      TRUCK123 YAHOOオークション出品車両検索   


  5. ●当社にて整備・架装・修理・車検を行う事が出来ます。
    ●当社は業販可能です、どうぞお問い合わせください。

  6.  TRUCK123の価格ドットコムに掲載70台 

  7. ★ TRUCK123情報(修理・販売) FACEBOOK ご参考にどうぞ!! ★

    毎日、日記等の各種情報を発信しています。


  8. 当社は高品質の中古再生トラックをご提供する為、固定費、販売管理費等の削減を努力し、自社にて修理・塗装・整備を行い、低価格にてお客様にご提供が出来るようにインターネットを通じて大阪より全国へ販売しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

  9. 中古トラック等を買取・下取りをしております。電話072-894-0020で簡単に買取査定できます。お電話ください。

  10. クレーン(CRANE)の種類の基礎知識

    セミトレーラの基礎知識

    トラクタ・トレーラの基礎知識

    重ダンプの基礎知識

    トラック ミキサーの基礎知識

    高所作業車の基礎知識

    高圧洗浄散水車の基礎知識

    汚泥吸排車の基礎知識

    穴掘建柱車の基礎知識

    ★法善寺 水掛け地蔵 道頓堀の写真紹介★
    ★大阪市中央公会堂(旧中之島公会堂)歴史的建造物★
    ★法善寺横丁 道頓堀の写真紹介★
    ★大阪市中央公会堂(旧中之島公会堂)歴史的建造物★
再生中古トラック販売・レンタル:(有)フリーマーケット123  E-mail: kume@truck123.co.jp
〒576-0017 大阪府交野市星田北6-4345
TEL: 072-894-0020  FAX: 072-894-0019    担当: 久米 (090 3991 7101)

アルミウイングの基礎知識

アルミウィングについて平ボディーと同じく、アルミウィングのトラックを日常的に目にすることは多いのではないでしょうか。アルミウィングは、積載スペースをアルミボディで覆っているタイプのトラックのことを指し、2トン車、4トン車をはじめ積載量のバリエーションもたくさんあります。アルミウィングもまた、ある地点からある地点までの荷物の運搬が目的となります。平ボディーよりも購入コストはかかってしまうのですが、積載スペースが頑丈なアルミボディで覆われている分、荷崩れの心配もなく雨天でも安心、安全に走行することが可能でしょう。こうしたメリットから、長距離運送業者の多くはアルミウィングを使用しているようですね。
また、形が崩れやすい果物や、壊れやすい精密機器など、振動に弱い荷物を運ぶ際には梱包や積み込み環境に気を遣わなくてはなりません。その際にも、アルミウィングならば両側の壁や天井を利用して固定をしたり、緩衝材をはさむなど対応をすることが可能です。こうした汎用性の高さが、多くのトラック業者に利用されている一番の理由だと言えるでしょう。
デュトロ・トヨエース トラック買取
いすゞ自動車 トラック・ダンプ・クレーン・高所作業車 買取・買取査定
エルフ トラック修理・塗装
三菱ふそう 中古クレーン販売
UDトラックス 中古アイチ(AICHI)高所作業車販売・レンタル
トヨタ 中古ダンプ販売
いすゞ自動車 中古バキュイームカー販売
三菱ふそう トラック販売

冷却水交換


現在の多くの市販車では、通常LLCと呼ばれる防錆剤を含む不凍液を注入されているため、交換頻度は低い。ただし、それは定期的交換を否定するものではなく、むしろ防錆剤の効果が切れる頃(3年とも5年とも言われていて、メーカーによって様々であるが)の定期的な交換を必要とするものである。尚、LLCには大別して「赤」と「緑」があり、トヨタでは赤、日産では緑が新車時に注入されている。また外車では「青」もある(補充時には、同色系を補充するとされている)。当然、車種によって構造等の違いから手順は様々であるが、概ね次の通りである。
ラジエターキャップと下部のドレンプラグを外し、中に入っている冷却水を抜く。(温暖時は、冷却水が噴き出すため、ラジエーターキャップの取り外し時に布をかぶせるなどの注意が必要。)
(指定されている車種では)ラジエターホース、ヒーターホース等を外し、溜まっている冷却水を抜く。
清涼な水でラジエター内、シリンダーブロック等を洗浄する。
ホース、ドレンプラグを元に戻し、適正な濃度に調整された不凍液を規定まで入れる。(日本国内の寒冷地仕様では濃度約50%・凍結温度-35℃くらいに調整する。 関東以南では、適切な量水を足し薄めて良い)
エンジンを始動し、ヒーターの調整レバーを最高温度にして、サーモスタットが開いて冷却水が完全に循環するまで、適時冷却水の量を確認しながら暖気する。場合によっては、ラジエター等に風が当たらないように適切な処置をする。
完全に循環し、中の空気が逃げたのを確認してから、冷却水を更にラジエターいっぱいまで足し、ラジエターキャップを閉める。
リザーブタンクの規定量まで冷却水を足す。
中古バキュイームカー販売 (有)フリーマーケット123
中古ユニッククレーン販売 島根県
中古クレーン販売 兵庫・岡山
中古バキュイームカー販売 (有)フリーマーケット123
中古ダンプ(極東・新明和)販売 三重県
中古散水車販売 長野県
中古トラック・ダンプ販売 石川県
中古アルミバン・ウイング販売 岐阜県
中古高所作業車販売 山梨県
神戸市 中古パッカー車・塵芥車販売
堺市 トラック・ダンプ・クレーン・高所作業車 買取・買取査定
九州 トラック架装・塗装・車検・修理

ハイブリットカー


 日本ではエンジンの回転力で発電機を回して電力源としつつ、運動エネルギーを二次電池に回生し補助動力とするものが主流である。
 インドやフランスではタタ・ワンキャットのような圧縮空気と内燃機関を併用する方式がある。
 フライホイールで運動エネルギーを回生するハイブリッドシステムも存在する。
 ブラジルで普及しているバイオエタノールとガソリンの両方が使えるエンジンを搭載したフレックス燃料車と呼ばれる車がある。このほかLPG自動車・CNG自動車・水素自動車の一部にも、燃料にLPG・CNG・水素とガソリンを切り替え可能なエンジンがある。これらは燃料のハイブリッド利用が可能な内燃機関自動車である。
 自動車が普及を始めた19世紀後半においては、赤旗法による英国の蒸気自動車の開発停滞にもかかわらずガソリン自動車の性能は蒸気自動車や電気自動車に劣っていた。特に、蒸気貯めに圧力を蓄えたり鉛蓄電池に電気を蓄えたりするため始動トルクが大きく、ニードル弁や抵抗器操作で無段階変速が可能な蒸気自動車や電気自動車に比べ、ノッキングなど低速性能が悪くアクセル・クラッチ・減速ギヤないしプーリー切替の同時操作を強いられるガソリン車の操作性は劣悪であり、複雑な精密機械であるトランスミッションの故障も多かったため敬遠された。
 ガソリンエンジン車の唯一の利点である航続距離の長さを生かす手法が、内燃機関→発電器→整流器→蓄電池→電動機の電気駆動方式だった。変速機の代わりに駆動力として蓄電池を使い動力を一方的に電気エネルギーに変換して消費するもので、回生ブレーキのないシリーズハイブリッド方式のハイブリッド電気自動車である。ガソリン原動機を電力源として使う電気駆動方式は「ガス・エレクトリック」と呼ばれる。
 20世紀初頭には車輪の回転駆動に電気を使ったものがあるが、サスペンションの動きに合わせた機械式駆動系が満足に作れなかったためとはいえ不完全ながらも自動車黎明期のハイブリッドカーである。電気による駆動系としてサスペンションの動きに追随し、車軸側と一体となったモーターで車輪を回転させた。エリーカなど現代の電気自動車で見られる車輪一体型モーターの初期の形態である。
 第1次世界大戦を経て等速ジョイントなど機械駆動用の要素技術の発明と工作機械による量産技術の確立により、機械駆動系の信頼性向上とコストダウンが進展し、フォード・モデルTの登場によるガソリン車の急激な普及により、電気自動車は廃れていった。
 20世紀後半の1980年代になると導電性プラスチックポリアセチレンの発見に端を発する高性能なリチウムイオン二次電池や、小型で強力なモーターを可能にするネオジム磁石が相次いで日本で開発され、電気自動車に必要な技術が急速に発展した。その結果、エネルギー回生を含む真のハイブリッドカーが登場し、あらかじめ充電しておくプラグインハイブリッドを経由して内燃機関自動車から電気自動車に向かう技術革新の流れが起きている。
 発電用動力にガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ガスタービンエンジンを使用するもの(主にシリーズハイブリッド)が実用化されている。
 燃料電池車は回生ブレーキによる電力回収部分も含め全て燃料電池単独で発電した電力をやりくりしているためエネルギー源が燃料電池のみでありハイブリッドカーではないが、燃料電池とハイブリッドシステムを組み合わせることで価格を抑えたハイブリッド燃料電池自動車が開発されている。 [1]。
 ハイブリッド車の併用動力として二次電池以外にキャパシタ(コンデンサ)や圧縮空気、フライホイールなどが試行されているが、エネルギー蓄積量、稼働時間、制御性、コストの面から、二次電池が多く用いられている。二次電池は長時間安定した出力を確保できるが、その分充放電の反応が遅いため、短時間の高出力が求められる重機用として大電流を流す事が可能なキャパシタも利用されている。
 自動車と鉄道の中間形態として架線式電気自動車(無軌条電車、トロリーバス)とハイブリッドバスの利点を合わせた架線式ハイブリッドトロリーバスなどがある。(詳細:トロリーバス参照)
静岡県 中古トラック販売
神奈川県 中古ダンプ販売
和歌山県 中古アルミバン・ウイング販売
千葉県 中古クレーン付トラック(ラジコン)販売
中古バキュイームカー販売 和歌山県
中古タダノクレーン販売 兵庫県
中古アルミバン・ウイング販売 山口県
中古アルミバン・ウイング販売 東大阪・八尾
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 石川県
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 滋賀・岐阜
中古トラック販売 奈良・和歌山
中古高所作業車販売 吹田・箕面
中古パッカー車・塵芥車販売 広島県
中古ダンプ(極東・新明和)販売 関西

マニュアルトランスミッション


マニュアルトランスミッションの場合、車種により使用油種がギアオイル、エンジンオイル、ATF等様々であるため、使用油種の確認が重要となる。交換方法は一般的に以下の通りとなる。
車体をジャッキアップし、ジャッキスタンドで保持する。
トランスミッションのオイル注入口を開ける。
トランスミッションのオイルの排出口を開けオイルを排出する。
オイル排出口を閉める。
オイル注入口から、オイルが溢れるまでミッションオイルを注入する。
オイル注入口を閉める。
関西 中古ダンプ販売(極東・新明和)
堺市 中古プレスパッカー販売
池田市 中古クレーン付トラック(ラジコン)販売
尼崎市 中古ダンプ販売(極東・新明和)
中古散水車販売 山梨県
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 堺・岸和田・泉佐野
中古パッカー車・塵芥車販売 島根県
中古クレーン(UNIC・TADANO)販売 富山県
中古高所作業車販売 岐阜県
中古トラック販売 山口県
中古トラック・ダンプ販売 寝屋川・門真・守口
中古クレーン販売 大阪・奈良
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 堺・岸和田・泉佐野
中古高所作業車販売 岐阜県
中古高所作業車販売 大阪・兵庫
中古高所作業車販売 富山県

変速機


マニュアルモード付きATのシフトレバー(ヒュンダイ・ソナタ)前進、後退、速度域の制御はトランスミッションが行い、シフト&セレクトレバーによって、任意にギアの組み合わせを選択するマニュアルトランスミッション (MT) 、停止から最高速まで自動選択式のオートマチックトランスミッション (AT) 、マニュアルトランスミッションを用い、クラッチ操作のみを自動化した、セミオートマチックトランスミッション、さらに、変速操作も自動制御する自動制御式マニュアルトランスミッション (AMT)の4つに大別される。 前進の変速比は2速から8速程度が一般的だが、副変速機を用いて、変速段数を2倍とする場合もある。
オートマチックトランスミッションは、トルクコンバータとプラネタリーギアを組み合わせたものと、有効径を連続可変とした2つのプーリーと金属ベルトを組み合わせた、CVT (Continuously Variable Transmission) と呼ばれる無段(階)変速機が一般的である。また、いずれの方式においてもMT車のようにギアをドライバーが選択できる、いわゆる「マニュアルモード」を備えるものがある。また、日本の法規においてAT車に分類される変わり種の例として、トヨタ・MR-SのシーケンシャルMTがある。
推進力(回転)のOFF/ONはクラッチが行い、クラッチペダル等の操作部を操って手動操作するものをマニュアル・クラッチ、あるいは単にクラッチと呼ぶ。手動操作を伴わないクラッチをオートマチック (AT) 、ノークラ、あるいはよく使用される自動クラッチ機構の名称を取ってトルコンなどと呼ばれる。
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売・レンタル 青森県
中古ダンプ販売(極東・新明和) 富山県
トラック販売 岐阜県
中古散水車販売・レンタル 三重県
中古バキュイームカー販売 滋賀・岐阜
中古高所作業車販売 京都・大阪
中古散水車販売 山梨県
中古クレーン(UNIC・TADANO)販売 長崎県
中古トラック・ダンプ販売 近畿(大阪・兵庫・京都)
中古散水車販売 島根県
中古トラック販売 山梨県
中古タダノクレーン販売 長崎県
中古トラック販売 大阪・奈良
中古クレーン付トラック(ラジコン)販売 広島県

穴掘建柱車(ミニ建柱車・建柱クレーン)の基礎知識
海・砂丘・砂丘すべりの写真(オーストラリア・ポート・スティーブンズ)
中古販売!ワンオーナー車!H21日産バネット NV200 DX 商用バン
富山県 中古クレーン販売
日野自動車(HINO)
和歌山県 トラック塗装
激安中古アルミバン・ウイング販売 フォワード
大阪トラック買取直販センター TRUCK123
トラック販売・車検・修理・塗装 神戸市
中古ダンプ販売(極東・新明和)・車検・修理・塗装 高槻市
大阪電気通信大学でご案内
激安価格!近畿・関西一日レンタル、高所作業車、正常作動します(^-^)中古販売
中古クレーン付トラック(ラジコン)販売 山口県
中古高所作業車販売 山梨県
星の里いわふね 交野市立いわふね自然の森スポーツ・文化センター
三重エリア(グルメ・ショッピング・散策・宿泊)情報サイト
中古クレーン販売 愛知県
日産キャラバン介護車改のサーフィン仕様の写真紹介
トラック買取の流れについての説明
板金・塗装の寝屋川ガレージアップはこんな工具を使用しています
中古クレーン(UNIC・TADANO)販売 富山県
株式会社いすゞユーマックス
中古トラック求車情報(探す)
京都府 中古Wキャブ(ダブルキャブ)販売
中古ユニッククレーン販売 石川県
中古トラック・ダンプ販売 寝屋川・門真・守口
天気予報情報紹介
おうちでイオン イオンネットスーパー
クラッチとオートマチックの基礎知識(MT・AT・スムーサー・セミオートマ)
診療・病院・医療に関するの情報紹介 関西(大阪・兵庫・京都)